マイナスイオンとオルゴナイト

オルゴナイトはマイナスイオンを永続的に放出する装置です。

ということで、マイナスイオンがどれだけ私たちの健康に影響を与えるのか、そのへんもちょっと解説してみたいと思います。

以下、海外のオルゴナイトに関するサイトから引用いたしました。


<マイナスイオンが私たちの健康に与える影響について>

マイナスイオン、陰イオンとは何でしょうか?「単なる物理用語、化学用語だから、私には関係ない」、そう思っておられるかもしれません。しかし実は、私たちの誰もが同じように関係しているのです。その訳をご説明しましょう。

私たちは生まれたときから、毎日イオンに触れています。イオンは私たちを囲む大気に、必ず含まれるものだからです。空気中のイオンには、プラスの陽イオンと、マイナスの陰イオンの2つの極があります。私たちが1日あたり15kgも「食べている」空気の中に、イオンは含まれているのですから、どんな薬も食べ物・飲み物も、イオンほどの量を消費することは一生かかってもありえない、ということになります。イオンが私たちにどのように影響を与えるかは、陰・陽のバランスによって変わります。

ここ数年間で、イオンの不均衡が人々の健康に与える影響の重大性が、決定的に証明されました。科学者たちがすでに長年の間、事態の深刻さに警鐘を鳴らしていたにもかかわらず、文明病と呼ばれる各疾病やアレルギー、呼吸器や精神の疾患があまりにも急激に増加したため、専門家は再びその原因究明を余儀なくされました。そしてその結果、驚くような事実が明らかになったのです!

健康を害する犯人として、薬品汚染など以前から知られる原因の陰に、もうひとつの毒がひそんでいることが分かりました。目にも見えず、においもなく、測ることもできないがために、その存在はかえって悪質なものです。その毒とは、有害なイオン、すなわちプラスイオンが多い環境に、人体をさらし続けることです。近代文明の利器は、そのすべてが有害なイオンを生み出していると言えるでしょう。

プラスイオンは人体に有害なイオンであり、特に気密性の高い建物の中や、汚れた街路、ムシムシと息苦しい感じのする夕立の前などに増加します。

自動車、産業スモッグ、化学繊維、電波塔、オゾンホール、温室効果、テレビ、ディスプレイ、蛍光灯、コピー機、レーザープリンタ…。こういったものすべてが、正常なイオンバランス(今では自然界のごくわずかな場所でしか見られなくなりました)を完全に崩し、健康に有害な環境をつくり出しているのです。

一方マイナスイオンは、私たちに恵みを与えるイオンであり、「空気中のビタミン」とも言われています。滝や海のそば、早朝の森林などには、マイナスイオンが多く存在します。こういった場所の空気はさわやかで、人々はリラックスし心身を休めるために、このような場所を求める傾向があります。1立方センチメートルに少なくとも800のマイナスイオンが含まれる空気を吸うことが、人間には必要です。自然に囲まれた環境では、その濃度は1立方センチメートルあたり5万にも達しますが、室内ではほとんどゼロになってしまいます。

しかし実際、私たちが1日の大半を過ごすのは室内です!私たちは室内で仕事をし、勉強し、眠ります。有害なプラスイオンが多くなると、頭痛や高血圧、イライラ、疲労感が起こることが証明されており、敏感な人では数週間でアレルギーや喘息、うつを発症することもあります。
 
<プラスイオン>

私たちがその人生の大半を過ごす場所、すなわち市街地や閉ざされた空間に多いのがプラスイオンです。身の回りにあふれる人工素材(化繊カーペット、PVCの床、気密性の高い樹脂サッシなど)や、汚れた空気、たくさんの有害物質を放出する最先端機器(コピー機、プリンタ、蛍光灯、液晶ディスプレイ、テレビ、携帯電話)、化学洗剤、さらにはタバコの煙も、プラスイオンの塊です。イオンバランスを崩す最大の敵は、人工的な環境を不自然な形でつくり出すエアコンです。
プラスイオンが増えると頭痛やイライラ、疲労、不眠、関節の痛み、血圧の上昇が起こります。敏感な人が長期間プラスイオンの多い環境にいると、アレルギーやうつ、喘息を発症することもあります。この問題は全世界的な症状として1970年代に注目され、「シックハウス症候群」と呼ばれるようになりました。
 
<マイナスイオン>

マイナスイオンは、嵐や夕立の後の自然界、洞窟の中や山の頂、森林、海辺、滝のそばなどに多く存在しています。その濃度が極めて高い場所は、気候学的保養地として利用されています。マイナスイオンは人体の重要なエネルギー源であり、免疫システムを支え、精神的な安楽をもたらします。マイナスイオンがあれば、私たちは気分よく、リフレッシュすることができ、呼吸も楽になります。結果として明るい気持ちになり、よく眠ることができるのです。

高濃度のマイナスイオンは呼吸器の粘膜に良い効果があり、肺の自浄能力を高めるため、とりわけアレルギー患者は数時間摂取しただけで、症状が大幅に軽減されることが分かっています。肺を通ったマイナスイオンは血流に乗り、体内の様々なはたらきに作用します。血液のアルカリ度を高めることで血をきれいにしたり、傷ややけどの回復を早めたり、目の遠近調節機能を上げたり、免疫を強化したりします。また血圧を下げ、内分泌腺を刺激し、細胞の再生を早め、新陳代謝をアップし、フリーラジカル(遊離基)から人体を守り、「幸せ物質」と呼ばれるセロトニンや神経伝達物質の量を調整することで、満足感と精神の安定をもたらし、集中力を高め、眠りの質を向上させ、記憶力その他の脳の機能を総合的にアップさせる、といった効果があります。

自然界では、大気中のイオン濃度は温度や気圧、湿度だけでなく、風速や風向き、スモッグ、雨、太陽の活動によっても変わります。文明的要素の中では大気汚染(エアゾール、放射能物質)がイオン濃度に最も影響を与えます。

大気中のマイナスイオンの濃度が高い環境ではバクテリアが死滅すること、さらにさほど濃度が高くなくとも、バクテリアの繁殖を遅らせる効果があることが、実験で証明されています。そのため、手術の傷跡の回復を早めたり、皮膚疾患や火傷を治したりする効果があるのです。また上気道の疾患、血流異常、初期の高血圧、皮膚の傷や疾患、免疫力アップにも効力を表しています。加えて、植物の生育を促進するはたらきも持っています。

森の中では、マイナスイオンの濃度は1立方センチメートルあたり1,000~2,000個にのぼるのに対し、市街地では100~200個しか存在しません。

濃度は1立方センチメートルあたりのイオン数が少なくとも1,000~1,500あるのが理想ですが、精神に高い負荷がかかるような作業のための環境としては、2,000~2,500の高い濃度が必要です。
 
緑の多い場所、森、それとも岩塩空洞へ頻繁に行くチャンスがなくても、どうやってマイナスイオンをなるべく多く引き寄せられるか知りたいかもしれませんね。
だって、森のど真ん中、丸太小屋になかなか引っ越せませんから!^^

今日では例えば、色んな形状と用途(置物、指輪、ブレスレットなど)を持つ、樹脂、金属の削りくず、石英やその他の結晶から作られる、いわゆるオルゴナイトがよく知られています。

オルゴナイト(オルゴンとも)の効果についてはインターネットで多くの研究が検索できますが、実際にオルゴナイトを購入し、自宅で使っている人のレビューも少なくありません。それによると、森の中にいるというような気分を起こしているそうです。健康に好影響を及ぼし、睡眠質が向上し、エネルギーが増え、積極的な思考、喜び、幸福感、熱意、笑顔を与え・・・そして植物やペットにも良好な効果を与えているなどの声がよく聞こえます。



<マイナスイオン源としてのオルゴナイト>

オルゴナイトとそれでできた製品は、すべての生命体に必要な普遍的な生命のエネルギーを扱う能力があります。オルゴナイトは絶えず周囲の破壊的なエネルギーを創造的なエネルギーに変換している機械のように働いているので、電磁スモッグ、化学物質や放射線に与えられる被害の原因を中和させています。基本的にオルゴナイトは金属の粉の入れた樹脂の成型ですが、もう一つ重要な部分は中心部となっている、変換効果を少なくとも二倍位高めている石英の水晶です。石英水晶そのものの治療、浄化や中和化効果がよく知られていますが、水晶自体を頻繁に浄化する必要性は若干デメリットになります。ところがオルゴナイトの中だと、浄化が本質的に自動的に行われます。

オルゴナイトは周囲に大量のマイナスイオンを放出していることが証明されました。オルゴナイトの置いている部屋に入る人はよく空気清浄機、除湿機あるいはイオン発生器を探しています。それはどうやって可能なのでしょうか?その原因はオルゴンです。オルゴナイトの周りに自由電子が多く放出されています。。。

陰極化されたイオン、そしてそれを含んでいる空気は、嵐直後の森の匂いがし、非常に心地良い環境を作り出します。オルゴナイトはその起源です。空間の浄化やチャージを行うときに、陰イオンの放出はもう一つ大事な効果を持つ原理です。

残念ながら、現代社会のハイテク機器(特にオゾンを放出する機械と、プラスチックや化学繊維でできた製品)による汚染のせいで、マイナスイオンの割合が減少しつつあり、都会に住んでいる人類の6割が人生のほとんどのときに、推薦される最小限の陰イオン量をはるかに下回る空気を呼吸しています。このような永続不均衡の健康への悪影響は壮大なもののくせに。。。
 
<マイナスイオン源としてオルゴナイトの利用>

・健康改善
マイナスイオンは人体の重要なエネルギー源です。また、すべての細胞の機能にて大きな役割を果たしています。細胞内と細胞壁外でのマイナスイオンの正常な濃度は細胞の機能にとって極めて大事です。マイナスイオンが供給されたとき、細胞の膜チャネルが開き、毒素が排出され、酸素や栄養物が吸収され、つまり細胞が回復されて健康になります。逆に細胞内のマイナスイオン不足の場合、栄養物の吸収と毒素の排出能力が弱められます。それにより、貧血、アレルギー、肩凝り、腰痛、リウマチ、神経痛、便秘、胃炎、肝臓炎、腎臓の疾患、自律神経系の不安定、不眠などが発生しやすくなります。
 
・マイナスイオンと睡眠
人間の睡眠サイクルには深さのレベルが4つあります。それらは7~8時間以内で4回か5回繰り返されます。人体がマイナスイオンを吸収できるのは15~20%という割合しかないので、その効果にさらされる時間として7~8時間がちょうど理想的です。例えば、空気の中のマイナスイオン濃度が1立体センチに1000個だとすれば、人間の体はその中の約150~200個を吸収できます。そのため、ベッドの近くにやや大きいオルゴナイトを一個置くのは非常に有益なことです。ほとんどの人はオルゴナイトをベッドの足元のほうに起きます。なぜかというと、頭側ならあまりにも強い「エネルギーのチャージ」によって睡眠が乱れることもありますから。。。
 
・オルゴナイト効果による呼吸改善
マイナスイオンを多く含んだ空気は新鮮で軽くて吸いやすいので、呼吸はかなり良くなります。それに対して、普通にあるプラスイオンの過半数は逆の影響を及ぼしている。マイナスイオンの高濃度の空気を呼吸することによって肺の中の空気が通りやすくなります。
肺繊毛の動きが刺激されると、肺の字浄化作用が促されます。ところが、マイナスイオンの濃度が1立方センチに100個という値を下回ると、繊毛の動きが停止してしまいます!測定結果によると、都会の自宅や事務所などの中の濃度は通常1立方センチに50個より低いです。そのため、都会の屋内空間にマイナスイオンを補給するオルゴナイトを置くのはとても望ましいことです。

オルゴナイトはアレルギーや喘息の発生を非常によく防いでいます。呼吸によって粘膜や血液に運ばれる酸素のアニオン(陰イオン)を放出することは、抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬のような効果を引き起こします。その理由は、血液におけるアニオンの上昇値が、アレルギー反応の勃発と進行を直接に起こしている血管作用性物質(ヒスタミン、ロイコトリエン、プロスタグランジンなど)のレベルを調整していることです。組織や粘膜を癒すというアニオンの効果によって、この作用はさらに強化されます。
 
・マイナスイオンは菌とウイルスを死滅させ、罹病率を80%減少する
一番証明しやすいマイナスイオンの効果は、医療用具、手術室や火傷病棟などの殺菌によく使われる、それらの抗菌・抗ウイルス作用です。

専門の研究によると、空気に含まれるイオンの抗菌効果は98%の効率に達し、空気伝染の確立を80%減らすとのことです。インフルエンザの大流行が起こりやすくなりつつある、上気道炎とアレルギーの件数が急増している現代社会では、電磁スモッグや発病性ゾーンを抑える効果にかかわらず、オルゴナイトの屋内使用はおおよそ必須になってきました。
 
・ラドンの有害性を減らす効果
放射能ガスであるラドンの含有値が高い場所にいると高まる発癌可能性は、ラドン自体のではなく、ラドン崩壊から生じる微粒子(放射能鉛同位体など)を吸い込むことに起因するのです。そのため、このような空間では頻繁に換気することやほこりをとることが薦められます。とても軽い微細粒子なので、吸い込まれたら肺の一番奥の、肺上皮繊毛の自浄作用はすでに働かない箇所まで入ってしまいます。この沈着された粒子はしたがって周囲の組織に放射線を当て、発癌の確立を大きく高めてしまいます。

空気に浮いている危険な同位体の微粒子は、オルゴナイトに放出されるマイナスイオンの胃極性に空中で引き付けられます。このように発生するいわゆる「重いクラスター」は浮きにくく、吸い込まれなくなります。その結果、発癌の確立が、参考文献によりますが、概ね16~40%減少されます。
 
・作業効率の上昇
人間の作業効率は作業環境によって相当に影響されます。肉体労働なり精神労働なり、作業質に影響を与えているのは、周囲空気の清浄度、温度、騒音レベル、照度、また精神衛生、ストレスの度合いなどであり、そして時間や感情に関する圧力感なども無視できません。

いくつかの臨床検査によると、周囲空気の質を高めると(マイナスイオン量増加)、事務作業の効率が高まります。長時間にさらさる室内環境の良質は人間の健康、全体的満足、作業率などの条件になっていることは否定できないことです。環境質の上昇に費やされた資金の利回りが高く、仕事の質、従業員の健康、福祉や能力に反映されます。


オルゴナイトは空気アニオンを放出しています。呼吸によって血液に渡ったアニオンは記憶力を伸ばし、統合的や分析的思考を促し、疲れや発病率を低下し、目的達成決意と効率を上昇します。その上、オルゴナイトは望ましくない発病性ゾーン、心身作用ゾーン、そして事務用機器、携帯電話、パソコンの電磁スモッグなどの不調和な影響を遮断しているので、心地良い作業用あるいは休養用の環境づくりには理想的で持続的な仲間です。
 
・血圧を下げる効果
オルゴナイトは周囲を継続的に大量に送り込むマイナスイオンの長期的な影響によって、血液組成が好ましい状態に変わっていきます。血液のpHや血中アルブミン値が上がり、セロトニン値が大きく下がります。血液沈降速度と末梢白血球が低下します。しかし最も顕著な変化は血圧の低下です。マイナスイオンは特に高血圧の傾向がある人の場合に血圧をさげます。

マイナスイオンは細胞膜電位の標準化と細胞活動を促し、栄養物の吸収を改良します。さらにアニオンは明確に血管拡張能力を伸ばし、上昇された血管弛緩を抑え、血圧を低下します。心筋機能を著しく改善し、高血圧、心臓疾患や脳卒中の患者の回復を促します。
 
・集中力と記憶力の改善
オルゴナイトが放出する、呼吸により血液に入る空気アニオンは、神経終末の「興奮性」に影響を与えることによって、直接ですばやく(数時間のうちに)記憶力を伸ばし、統合的や分析的思考を促します。

さらに、空気アニオンを吸い込むことで運転能力(特に長距離の旅)がよくなり、疲れが取られ、そして運転ミスの数が57%まで下がることが解明されました。
オルゴナイトは自動車の燃費を下げることができることがさえ実験で証明されました。
 
・抑鬱状態の軽減
オルゴナイトは確実に空気成分構成を変化し、ビタミン並みに人体に必要なマイナスイオン(アニオン)を放出します。そのため、健康に好ましい酸素のアニオンは、人体に非常にいい影響を及ぼしているので、「Vitamins of air」つまり空気ビタミンとも呼ばれます。


血中、ひいては脳中におけるアニオン数の増加は、鬱病の原因となる神経伝達物質(いわゆる「幸福ホルモン」であるセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなど)の生産を標準化します。
 
・体重減少の促進
オルゴナイトはマイナスイオンの作用によって血中神経伝達物質(「幸福ホルモン」セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン)のレベルを調整します。そうして感情や食欲の揺れ、すなわち夜間の「冷蔵庫あさって食い」を防いでいます。よく知られているように、70%以上の場合、肥満には精神的な原因があります。食品の消費(特に糖分の多い食品)によって満足の幻想が作り出され、日常のストレスや不満が追い払われるのです。ところが、現代社会ではよく観察できるこのような行為はしばらくして依存に変わってしまい、多くの人はそれに陥ってしまうと肥満のまん延が発生します。オルゴナイトはマイナスイオン放出によって血中セロトニン値を調整しているので、余分な消費を防止する効果があります。その上、消化、細胞の再生や血中電解質交換を促進しています。


空気アニオンはさらに血液アルカリ度を高めることによって消化を改良し、コレステロール沈着を下げ、脂肪の分解を促し、そして関節の受け皿への尿酸排泄に引き起こされる通風やリウマチ性炎症を防いでいます。人にほとんど認識されていないくせに、空気と消化との関係はとても密接だということが、以上述べたように明らかになっています。
 
・植物成長への影響
有益なマイナスイオンが十分に含まれる空間では、植物の成長が著しく誘起されます。それに対して、マイナスイオンの濃度が1立体センチに30個を下回る空間では、成長が遅くなっています。そのため植物の成長は屋内空間におけるイオンバランスの分かりやすい指標になっています。オルゴナイトの利用ではイオンバランスや、人間だけではなく、植物や動物にとっても心地良い環境を作ることができます。


・空気新鮮器としてのオルゴナイト

マイナスイオンを吸い込むのはとても気持ちよく、嵐直後の空気のような匂いです。オルゴナイトが置いている部屋もそうなっています。普通のイオン発生器(オルゴナイトと違って)はほこりを含めてすべての微粒子をイオン化しますので、装置の近くや部屋の隅などでは黒い汚れが堆積してしまいます。連続的に稼動しているイオン発生機器の部屋は大体一年後に塗装しなおすことが必要になります。


オルゴナイトは手狭な換気されていない部屋でも、匂いの良い新鮮な空気で満たすと言われます。
 
・建築構造の屋内イオン濃度への影響
屋内イオン濃度への影響が最も低いのは天然材料(木材、レンガ建築)です。イオンバランスにかなりの悪影響を及ぼしているのは鉄筋コンクリート建築です。また、望ましいイオン濃度を保つためには換気がとても大事です。コンクリートパネルでできた、エアコンでしか換気できない建物は極端的なケースです。そのような建物の中では空気イオンの濃度が非常に低いため、イオン発生器などによる人工的な空気のイオン化が薦められています。

・人的活動の空気イオン濃度への影響
天然イオンバランスの最大の敵は喫煙です。タバコの煙は基本的に様々な化学物質、特にタールで構成されるエアロゾルです。タールの微細液滴には軽いマイナスイオンを吸い上げる著しい能力がありますので、それらの大量な絶滅を起こしています。

空気イオンの別の敵としては換気されない部屋に多くの人が長い間いることです。そのような空間では「呼吸しきれた空気」、「酸素不足」などの気分の悪い感覚になります。実は、その原因は軽いマイナスイオンの不足です。

三つ目の敵として挙げられるのはエアコンによる空気の調整です。空気がフィルターや加湿されて遠距離に運ばれます。そうやって軽いイオンがなくなりやすい箇所が増えます。


もう一つ、イオンバランスに大きな影響を与えているものは、軽いイオンの絶滅を促しているテレビやパソコンの画面です。


・空気イオン化の人間への影響
空気イオンの人体への直接作用は第一的に呼吸で行われます。それ以外、体表、つまり皮膚による効果も低くありません。しかし、作用の仕組み自体はまだ完全に証明されず、研究者の間にはまだ大きな話題になっています。人間にはイオンを感知する感覚器官がありません(目に見えなくて匂いもしませんが、イオン不足は不安として現されます)が、意識下の大脳皮質信号の仕組みではないかと思われます。


自分の周囲におけるマイナスイオン不足の影響やその必要性に関する資料や情報が数えられないほど見つけられますが、そのほとんどは同じ結論に達しています。以上に述べた症状をに悩まされるならば、ここで紹介された解決法を導入することについて考えたほうが良いです。
オルゴナイトは絶えず周囲にマイナスイオンを放出しています。自宅にいくつかを置くことは解決策として安くて、間違いなく効率的なことです。
 
<結論>
さて、外へ出かけられないとき、換気されない人がいっぱいいる部屋にいるとき、エアコン、パソコン、コピー機などのハイテク機器がつけっぱなしの作業場などで頭が痛くなる、気分が悪くなることの原因はもうお分かりですね?
また、都会の中と、森、別荘などの自然や緑が多い場所での気分がまったく違うこと、そして喘息、乾癬などの疾患が海の近くに緩和されることの理由も皆さんはもうおわかりでしょう。


参考サイト
http://tvoje-zdravi.webnode.cz/zajimave-informace/zaporne-ionty-a-nase-zdravi/





[PR]
by euffy | 2014-03-22 09:49 | オルゴナイト


<< オルゴナイトは世界を救う ―「... 名刺リーディング >>