新月の願い事を書いていたら

昨夜はてんびん座の新月の日。

10個まで新月の願い事を書こう・・・と便箋にカキカキし始めたら・・・


日頃の寝不足でものすごい睡魔が襲ってきた。


うつらうつらしながら、それでも何とか1番から7番まで書いたけど、いつしかペンを握りしめたまま頭ががっくんがっくん状態になっていった。



数分後。


「はぅあっ!と目を覚まし、慌てて空中で止まったままのペンを握りしめた自分の手を見、次に便箋に目を落としてそこでギョッとなった。


8番目の願い事がいつの間にか書かれているではないか。(記憶にない)

そこにはミミズがのたくったような字でこう書かれてあった。




「⑧私はゴム園でゴムの採取をして」 

文章はそこで終わっていた。




なんじゃぁこりゃぁああああ!!
意味わかんねぇ~~!!
睡魔に乗じてマレーシアかどっかのゴム園のおっさんが憑り付いたか!?(じゃ、自動書記!?)

大体「ゴムの採取をして」のあとは何て書こうとしたの?


プランA「ゴムの採取をして大儲けしてます」⇒ ま、まあ、それも悪くないかも。人生いろいろだ!

プランB「ゴムの採取をして自分も重労働で搾取されてます」⇒いやだぁああああ~~(号泣)


いずれにせよ、この8番がうっかり叶ってしまったら大変だ。
来年の今頃はマレーシアかどこかで額の汗を手でぬぐいながら、ゴムの樹液を地味に必死で集めているかもしれない。
殊にプランBが実現してしまったらエライこっちゃ。背後にムチを持ったでっぷり太った農園主が立ちはだかって見張っているに違いない。そして今夜の夕食はバナナ1本なんだわ。シクシクシク・・・(/_;)


慌てて二重線で8番の文章を消し、その下に天秤座にふさわしい本来の願い事を書いた。

こうしてゴム園で働くおっさんの陰謀をかろうじて阻止してやった。ふぅ、危ない危ない、油断も隙もあったもんじゃない。今度は別の奴に憑り付きなさい。

(いや私は別に本気でなんか憑り付いたとか自動書記になったとか思ってませんけど。)


皆さんも、うたたねしながら願い事をするのはやめようね。(^_-)-☆


・・・それにしてもなんでゴム園が出てきたのかサッパリわかりません。(笑)うとうとしているときにTVがつけっぱなしだったのでその影響かなー。

その後、これは自分の過去世と関係ありそうだということがわかりました。詳細はこちらへ。(10/18追記)



[PR]
by euffy | 2014-09-25 05:40 | スピ混じりの日常


<< 来年の祈願書を書いて神様会議に... 【締め切りました】オルゴナイト... >>