「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

引っ越しはしたのですが・・・

久しぶりの更新です。

11/10に既に引っ越しが終わったのですが、仲介業者がありえないほど不誠実で怠惰でいい加減な不動産屋だったため、大変な目にあいました。


詳細ははしょりますが、そのいい加減すぎる悪徳不動産屋のせいで、私と大家さんとは正式な契約を交わしたことになっていないのです。いまだに。


それどころか私は、「不法入居者」として大家さんから訴えられかねない状況にありました。(私はちゃんと書類に記入して払うものは全額払っているんですよ)


「しかるべきところに相談するわよ」と昨日の朝、大家さんに言われた時は、正直青くなりました。


「この歳でこの寒空に路頭に迷うのはキツイなー・・・。」
まさかそんなことにはならない自信があるからこそ、ふと自虐的に心の中でつぶやいてしまいました。


でも、管理会社の不動産屋さんがいろいろ動いてくれて再契約の手続きをとってくれたので、ようやく昨夜、「このまま住み続けてもいいわよ」と大家さんから言われてホッとしました。

それでもまだ契約書が手元にない状態です。(あと1~2日かかるかしら?)



もう、勘弁してよーー。なんなんですか、この前代未聞の展開は。


意気揚々と第2の人生をスタートしようと引っ越しを決意したのに、何、一体なんなの!?

私が何したってんのよーーーー!!!



大家さんも「長年大家をやっているけど、こんなことは前代未聞だ」と言うし、

管理会社も大家さんと入居者が2人揃って血相変えて怒鳴りこんできたので「こんなことは前代未聞です」と慌てるし。


仲介業者のやり方も結構違法なことをやってて、管理会社が「前代未聞のありえない仲介業者だ」とあきれ返っているし。


こんなに「前代未聞」て言葉が日に何度も耳に入ったり自分の口から出るなんて経験は、もう二度とないでしょう。


今回の騒動の顛末を詳しく書いたらそれはそれで読者の皆さんにとっては面白いネタになりそうだし、「こんな不動産屋には気をつけろ」なんてタイトルで書いてもそれはそれでウケるだろうとは思います。


が、10月の初旬から物件探しを始め、実は初日にもう今の物件を見つけてすぐ申し込んだにも関わらず、ずっとこの不動産屋に振り回されて引っ張るだけ引っ張られて、ここ1か月半、気の休まる時がなく、もう、ウンザリです。


今は何も語る気がおきません。


私が一番知りたいのは、この前代未聞のありえない展開を通じて、天は私に何を学ばせようとしたのか、それだけです。


水星の逆行時期と重なっていることも影響しているのでしょうが、それはここ最近のこと。物件探しを始めたときは関係なかったし。



ま、ともかく、多分今週中にはこの騒動は収まってくれそうです。(お願い、もう、これ以上何も起きないで!)


皆さん、ご心配おかけしました。でも、もし直接お会いしてもこの件に関しては何も聞かないでください。お願いします。
[PR]
by euffy | 2012-11-20 21:38 | 日常・雑感