「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

また引っ越しします(番外編)


・・・と、いったんこのお話は終わったことにしましたが、実はまだ気がかりが一つ残っていることに気付きました。。。

今度のマンションは近くにコインランドリーがないのです。(今のマンションはすぐ近くにあるので何かと重宝してました)


あ、でも、浴室乾燥機がついています。

し、しかし、お恥ずかしいことに、私、浴室乾燥機なんてそんなシャレた文明の利器を知らないんですよ。(-_-;)

使うのにちょっと勇気がいります。(意外と小心者なので)

使わずにすむなら使いたくないのです。(食わず嫌いなんです)

こう見えても私はねー、小さいころは五右衛門風呂に入っていたし、中学生の頃までは斧で薪を割って風呂を沸かしてたんだぞーー。筋金入りのアナログお風呂ねーちゃんなんだぞお、コラ。風の強い寒い冬の夜、火が何度も吹き消されるので泣きそうになりながら数時間かけて震えながらお風呂をわかしたっけ、あーそれから、一度だけ暗がりで斧を振り下ろしたら間違って自分の指をザックリ・・・鋭利な刃物と違って傷口がザックザクに裂けるのを初めて見て、いやー痛いやら恐ろしいやら、血がぎょーさんドクドク ピィーーー

えー、番組の途中ですが不適切な表現がありましたので割愛させていただきます。m(_ _)m


・・・というわけで、新居近くにコインランドリーやお風呂屋さんはないかとググってみたのですが、この地域は本当にないんですね。


やっと少し離れたところにコインランドリー併設のお風呂屋さんを1軒見つけました!


しかし


そのお風呂屋さんの入口の写真が


かなり古くてぼろっちくて、その上、暴走族の落書きでにぎにぎしく彩られてるんです。は、迫力を感じます。(~_~;)


もう少し調べてみたら、このお風呂屋さんに入ったある銭湯愛好家のブログを発見!


「入ってみたら右を向いても左を向いても“くりからもんもん”の爺さんやおっさんだらけで、居場所がなくて5分で出てきた」

と書かれていました。


お風呂屋さんがそんな調子なら、併設のコインランドリーに入ったら・・・



ゴウンゴウンゴウン・・・


乾燥機の回転する音が響く古くて暗いコインランドリーの中。


こわれかかった椅子に威勢よく片膝であぐらをかいて座っているおっさん一人。


上半身裸でこれ見よがしに“くりからもんもん”を見せつけながら、濁った眼をして『新宿鮫』を読んでいる・・・



そうよ、きっとそういうコインランドリーなんだわっ!!いやぁあああ~~(泣)



・・・やっぱり頑張って文明の利器に挑戦してみようと思いました。(__)



(そうは言いつつ、いっぺん実際にコインランドリーを見に行くでしょうね。)



今度こそ終わり。
[PR]
by euffy | 2013-04-20 00:54 | スピ混じりの日常

また引っ越しします(3)

今のマンションのベランダに比べて、今度のマンションのは1/4程度です。

両手で一抱えもあるでっかい鉢植えが4個、ラティス付きプランターに5~6個鉢植えポットが引っかかってるし、ほかにもいろいろ…

ラティス付きプランターを持っていったら、これだけでベランダの半分が埋まってしまう…(-_-;)
(因みにラティス付きプランターはここの通販で買いました。モノがとてもよく、しっかりしています。組み立ても簡単でした。気に入ってます)


うーーーん、どうしよう。でっかい鉢植え2鉢くらいしか持っていけない。それ以外は置いていきたいけど・・・
(まさか捨てるのは忍びない)


ふと思いついて、独立して別の地域に住んでいる娘に連絡を取ってみた。


「私が出て行ったあと、あなた住んでみる気ない?」


「いいよーー。ちょうど夏までに引っ越ししようと思ってたんだ」o(〃^▽^〃)o

・・・親子じゃのう。(~_~;)


そこで娘に頼んでみた。娘の好きな黄色い花が咲くでっかい植木鉢とラティス付きプランターの植物を置いていくから面倒みてくれない?と。


「いいよーーー。水さえやっときゃいいんだよね?」o(〃^▽^〃)o


・・・い、いやぁ、そういうものでもないんだけど・・・(汗)、まっいっか。ここで手入れがどうのこうのなんて言って気が変わったらいけないので適当に濁しておいた。


そこで不動産屋に尋ねてみたら、名義書き換え料の3万円程度払えば、初期費用なしで娘が入ることができるとわかりました。娘にしてみればおいしい話です。

ハウスクリーニングも鍵の交換もなく、私が出て行ったあとの立会も必要ありません。


そういうことってできるんだーと感心しましたが、案外皆さん知っているようですね。

娘も知っていて、「だまってこっそり入れ替わっちゃう人もいるよ」とのこと。

若い人はそういうことをしている人が多いみたいです。

でも、1Fに大家さんが住んでいるし、私もいい年した大人ですから、もちろんそのへんはきちんとしてから出ていきます。


大家さんにも娘を引き合わせて了解をもらいました。


そして天気のいい休日に、植木を整理しました。4鉢を3鉢まで減らし(ちょっとギューギュー詰めの寄せ植えにしました)、水しかもらえないかもしれない(笑)植木たちへの餞別と祈りの気持ちを込めて、ふっかふかの高級なガーデニング用の土に入れ替えてあげました。


あら、やだ、古い土から根切り虫の幼虫がごろごろ出てきたわー。
よかったーー、今のうちに取り除いておかないと、娘は虫が大嫌いだから、水すらやらなくなるかもしれない。
ま、それでもいつかはまた根切り虫が発生するだろうけど・・・(そのときはそのときですわね)

(それにしてもキャラメルコーンを見るたびに根切り虫の幼虫を連想するのは私だけではないと思います。
きっとキャラメルコーンの開発者は根切り虫の幼虫を知らないんだわ)


こうして植木の心配をすることなく、引っ越しができるようになりました。


引っ越すたびにだんだん植木の数が減っていくのはちょっと寂しいけど、思い切って古い家具も処分するし、身軽になるのは気持ちがすっきりします。


これで新しいエネルギーを呼び込み、また新たな気持ちで前を向いて生きていこうと思っております。


お世話になったTOKAGE嬢、エンスペースさん、どうもありがとうございました。
[PR]
by euffy | 2013-04-19 08:43 | スピ混じりの日常

また引っ越しします(2)

さて、「ちょっとした面白い偶然」とは・・・


物件探しを始めてすぐ、すごく条件が揃っているマンションを見つけました。

3F、4F、最上階の7Fの3部屋空いてましたが、調べたらすでに3Fと7Fは申し込みが入っていました。
しかもこの3つの部屋はまだ居住中なんです。つまり、3Fと7Fは内見しないで申し込みが入っているのです。それほど人気のマンションのようです。

ということで残る4Fしか選択肢がありませんが、内見したくてもできません。

すると「まもなく7Fの居住者が退去するので、参考までに内見だけでもしてみますか?」と言われました。


参考にはなるかもしれませんが、4Fと7Fじゃ大きな違いがいろいろあるんです。

どちらも一長一短あるため、片方だけ見てもしょうがないのです。

かといって4Fが退去するまで待ってたら、これだけ人気の物件なので、もたもたしてると他の人にとられてしまいます。

多分7Fを内見して問題なければ、私のことだから、その日のうちに4Fに決めるでしょう。

一か八かの賭けみたいなもんですね。


ともかく、他にどうしようもないので、7Fの内見を申し込みました。



ところが内見前日に、ちょっとした条件のことが気になり始め、急に気が変って一度キャンセルしちゃったんです。

そして全然違う物件を内見しましたが、どうもいただけない。


他にもいろいろ探しましたが、どう考えても例の物件ほど条件が揃っているのが出てこないんです。


いや、こうなるとやっぱりあのマンションで手を打ったほうがいいわということになり、また数日後に内見の再予約をしました。

そして今度こそ、7Fを内見して問題なければ、もう決めちゃおう!その場で潔く4Fを申し込もうと決意しました。



さて、実際に内見してみると、結構いい感じです。最上階のお部屋なので見晴らしがいいです。

部屋の広さも十分、間取りも変なでこぼこがなくて使いやすいです。(4Fは狭いし変なでこぼこがあるんです)


ああー、やっぱり最上階っていいわ―。


部屋も気持ちよく使えそう。収納も4Fよりたっぷりあるし。


ああー、この7Fだったら住みたいのになー。しょうがないなー、もう申込み入っちゃってるし。


そして意を決して(というか、諦めの気持ちがかなり混じってましたが)


「決めました。4Fを申し込みます」


とエンスペースさんに意思を伝えました。


そして「さ、善は急げです、このまますぐに管理会社に申し込んでください」と促しました。


マンションを出てそのまま2人でエンスペースさんの事務所まで歩きながら、エンスペースさんが管理会社に携帯で連絡をとりました。


「○○マンションの4Fのお部屋を申し込みたいのですが…」と言いかけたそのとき。


「ええっ!!」と驚いて声を上げるエンスペースさん。

ギョッとしてエンスペースさんの横顔を凝視する私。

思わず口元を片手で覆いながら息を殺す。

え?まさかもう、4F取られちゃったの!?

ああ、こんなことなら内見をキャンセルするんじゃなかった!orz



しかしそうではありませんでした。



なんと、たった今7Fの申込者がキャンセルしてきたばかりなんだそうです!



それを聞いた瞬間、我がことのように喜んだエンスペースさん、思わず即答してくれました。

「お願いします!その部屋で!!」

そのあと「いいですよね?」と私に確認を求めてくださいました。(笑)

ハイ、それはもう、もちろん異存はございません。ありがとうございます☆


もしも最初の内見日で内見していたら、今頃4Fを契約してしまっていたでしょう。


あの日でもなく、昨日でもなく、明日でもなく、この日この時間こそが最高のタイミングだったのです。


「また引っ越しします(1)」に書いたサイキックヒーラーTOKAGE嬢のリーディング結果は、この7Fの部屋のことです。


因みに4Fの部屋のリーディングも既にしてもらっていました。

悪くはないけど、部屋の間取りのでこぼこがストレスになるかも…とのことでした。
しかもここもすぐ引っ越することになるだろうと。


7Fはもっと長く住むことになるそうです。(*^_^*)


同じマンションでも部屋が違うと結構違うものなんですねー。


あとは今月末に引っ越すばかりですが、気がかりがあります。


ベランダが今のマンションより狭くて植木がほとんど持っていけないのです。


が、これも一つ解決策を見出しました。


それについてはまた次回。
[PR]
by euffy | 2013-04-17 23:19 | スピ混じりの日常

また引っ越しします (1)

また今月中に引っ越しすることになりました。

今のマンションに移り住んでまだ半年弱。

物件としては悪くなかったです。

前に住んでいた一軒家から移るため、たくさんの植木を持っていきたかった私としては、ワンルームにしてはかなり広いベランダがついていたのが決め手になりました。

部屋は気に入ったのですが、その周辺の土地があまり好きではありませんでした。なんとなく、色にたとえると「灰色の街」って感じで。

土地との相性はそれほどよくないだろなと、引っ越しするときからわかっていました。

ただただ、愛情込めて育てた大きな植木鉢たちを持って行けるところを最優先して探していたので、まずはここでいい、ここから新し人生を再出発しようと決めたのです。

このとき、いつものことですが、サイキックヒーラーのTOKAGE嬢に部屋の間取り図を見せてリーディングしてもらったところ

「悪くはないけど、ここに住んでいる限り土地の運気が止まっているので発展することはない」

と言われました。うん、そうか、やっぱり。
じゃあ、せいぜい2~3年しか住まないかな?と思いつつ引っ越ししたのはいいのですが…


しかし、実際に引っ越してみて、面白いと言ってはなんですが、毎日毎日笑っちゃうほど黒猫が目の前を横切るのです。

東に行っても西に行っても、ここまで来たらもういないだろうと思っても、これでもかって感じで黒猫が…

なんなんですかね、この街は黒猫しか繁殖してないんですかね。

別に気味が悪いとか縁起でもないとか思ってませんが、この現象を「引っ越せ」と言われていると解釈しました。土地への愛着がないからこそ、そう解釈したがる自分の心に気付きました。

さらにもっと早く引っ越さねばと決意させる要因がありました。


一冬過ごして骨身にしみてわかったのは、このマンションがものすごく「寒い」ってことでした。

エアコンが効かなくて、エアコンなしで過ごしたのですが、も、もう、ダメです。。。

エアコンが古いんじゃないんです。新しいのですが、部屋が広いので温まるのにものすごく時間がかかるのです。30度に設定して6時間つけても部屋があったまらないんです。

大家さんに言って電気屋さんを呼んで見てもらったんだけど、4畳半程度のエアコンを8畳の部屋につけているからしょうがないって言われました。
あとは吹き出し口を動かして工夫してねって言われたけど、大きな家具を置いているので動かせないし。


それと自慢じゃないですけど、最近とても痩せちゃったので、脂肪があんまりないんです。
最大9Kg痩せました。(スターエッセンスの「パーフェクトウェイト」を飲んだり刀エクササイズをやったのがきっかけです。)


だからほんとーに骨身にしみるほど寒くて寒くて・・・((´д`)) ブルブル…サムー

暖房器具の他に、断熱効果のあるものを窓に貼ったり床に敷いたり、いろいろしましたが、全然ダメでした。


あ、余談ですが、このときキャンドルにはまりましたね。
キャンドルの灯りを掌でそっと囲い込むようにしながら「ああーー、あったかーーい♪」と感動してました。

体はあったまりませんが、心がこんなにほっこり癒されるなんて知りませんでした。
たかがローソックって馬鹿にしてましたがとんでもない。ありがたかったですね。
(それがきっかけで【ベルチェレスタ】ではキャンドルを扱うようになりました)


まあそうやってエアコンなしで一冬乗り切ったあと、夏はどうなんだ!と考えたら愕然としました。

皮肉なことに最上階の角部屋で南向き。窓は2面、日当たりバツグン、採光は最高!なんちゃって。(~_~;)

私はまだいいのですが、長時間お留守番をしているうちのワンコが大変です。
仕事を終えて帰宅したら日干しのチワワが転がっていた…じゃシャレになりません。


いかん、夏までに引っ越さねば!(-_-;)

こうして本格的に物件探しを始めました。


今回の物件探しは【ベルチェレスタ】の事務所探しで大変お世話になった「エンスペース」さんです。


大変丁寧で親切に対応してくださる信頼できる不動産屋さんです。
不動産屋で一度エライ目に遭った私としては、この次引っ越しするならエンスペースさんに今度こそお願いしようと思っていました。


しかも代表者様はスピリチュアルなことに理解と関心のある方ですので、いろいろ話が合うんですよ。

あるフラワーエッセンスのセミナーに行ったら、初対面でエンスペースさんの知り合いという方がおられ、びっくりしたこともあります。

もし表参道近辺でお部屋探しをしているセラピストさんやヒーラーさんがいらっしゃいましたら、エンスペースさんなら確実に信頼できる方ですので推薦いたします。(関東近辺ぐらいまでOKだそうです)


こうしてエンスペースさんの仲介で見つけた物件に決まり、先日正式に契約を済ませました。


今度の物件も、またまたTOKAGE嬢にリーディングしてもらいました。

「部屋自体は別に問題なく、この土地に住むことで大きくエネルギーが動く」と言ってくれました。


よっしゃーー、ここで数年間暮らし、さらに発展して稼いだら、今度こそもっと理想に近いところへ引っ越すぞーー。


こうしてステップアップするために引っ越しを繰り返しちゃったりして。ヤドカリみたい。

こうなると引っ越しが趣味になりそう・・・(笑)


そういえば・・・


このブログにちょこちょこ書いてましたが、やたら土砂降りのごとくエンジェルナンバーばかり目にする時期がありましたが、本格的に物件探しを始めたころからぴたりと止まりました。

黒猫が横切る現象もかなり減りました。なぜか白黒のブチ猫が目につくようになり、一回だけですがサバトラが横切りました。

じゃあ、あれですか、私が引っ越しした後この街を訪れたら、白猫の街になってるのかしら?(笑)


ところでこの物件に決まるとき、ちょっとした面白い偶然のタイミングがありました。


その話は次回へ。
[PR]
by euffy | 2013-04-13 10:37 | スピ混じりの日常