「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

オルゴナイト瞑想会のお知らせ

<オルゴナイト瞑想会>

b0239097_14270957.png

<定員6名様/当日のお買い物10%OFFの特典付き>


ベルチェレスタ・セッションルームにて【11/13(木)】にオルゴナイト瞑想会を行います。
タワーバスター(TB)、チャクラピラミッド、ホーリーハンドグレネイド(HHG)、ミニコースターや燭台などを使い、それぞれの特徴や使い分けなども学べます。
オルゴナイト初心者の方でも気軽に参加できる楽しい瞑想会です。

当店でオルゴナイトのペンダントやオブジェを購入なさったけれども、今一つプログラミングの仕方がよくわからない…という方にもお勧めです。

講師は日本にボヘミアン・オルゴナイトを広めたり、チェコのヒーラーさんを日本に紹介する活動をなさっておられる「アクシス・ムンディ株式会社」代表:ロベルト・ヤノフスキー氏です。
ロベルト氏はスピリチュアル雑誌「アネモネ」にオルゴナイト特集で取材を受け、記事が掲載されたことがあります。
また、10/18(土)に実施したダイシンカさんの「オルゴナイトマンダラ手作りワークショップ」もアクシス・ムンディ様との共同開催で行いました。


<オルゴナイト瞑想会の詳細>

  • 内容:オルゴナイトの基本説明/オルゴナイトを使った瞑想(テーマ:チャクラの活性化)/オルゴナイトを使った人体の浄化とパワーチャージの仕方/オルゴナイトへのプログラミングの仕方
  • 講師:ロベルト・ヤノフスキー氏
  • 日時:11/13(木)16:00~18:30 (18:00までを訂正しました) (入室5分前からOK)
  • 場所:[ベルチェレスタ]セッションルーム (東京都渋谷区神宮前5-28-2 シャンブル神宮前204)
  • 料金:¥4,500
  • 受付人数:6名様まで
  • 最低催行人数:4名様(4名様に達しない場合は中止になります)
  • 申し込み方法:ショッピングカートからお申込みください。
  • お支払方法:クレジット決済または銀行振り込みの先払い
  • 締切:6名様に達した段階で締め切らせていただきます。
  • 座学になります。瞑想しやすい楽な格好でお越しください。
  • 当日、当店のオルゴナイトを購入なさった場合10%OFFにさせていただきます。

※瞑想は誘導瞑想であり、効果を更に上げたい方ため、アンッセンデット・マスターエネルギーオイル「ヴィクトリー」をご用意します。


<キャンセルポリシー>
2日前 30%
前日 50% 
当日 100%


★お申込みと詳細はこちら

満席で締め切りました。ありがとうございます。

[PR]
by euffy | 2014-10-30 14:15 | オルゴナイト

ダイシンカさんの「オルゴナイトマンダラ手作りワークショップ」無事終了しました

10/18(土)に中目黒で行われたダイシンカさんのオルゴナイトマンダラ手作りワークショップ、無事盛況で終了しました。

参加者の皆様が作ったマンダラたち↓

b0239097_06133931.png
詳しくはオフィシャルブログへどうぞ♪


[PR]
by euffy | 2014-10-21 06:15 | オルゴナイト

「私はゴム園でゴムの採取をして」の続き・プランCとは!?

9/25の「新月の願い事を書いていたら」の続き。


単なるくだらないバカ話のつもりで書いたのに、意外な展開になってまいりました。


ことの発端はエボラ出血熱で苦しむ西アフリカの浄化に関することです。

うちのお客様で何とかエボラで苦しむ人々を助けたいという思いを持たれる方がおられ、ご相談を受けて何かお力になれないかなーと思い、それをスピ&オルゴ師匠のEmiyuさんに伝えたら、最近作ったばかりのThree Wordsエッセンスをアチューメントし、地図を使って遠隔ワークで現地を浄化できるようにしてくれました。

そのエッセンスを3本、お客様のH様にお送りし、H様は現在地図上で西アフリカを浄化なさっておられます。


その際、Emiyuさんが地図上で偶然発見したのがギニア湾に浮かぶサントメ島。サントメ島のヤシの木を持ち帰り、部屋の中に宇宙樹として立てたとか。

b0239097_09321978.png
↑サントメ・プリンシペ民主共和国の国章

詳細は彼のHPへどうぞ。

「オルゴナイト114」 http://www.geocities.jp/melissa1964lb/orgonite/orgonite_114.html

「オルゴナイト115」 http://www.geocities.jp/melissa1964lb/orgonite/orgonite_115.html

まあ、それを読んだ段階では自分には無関係の話だと思っていたので「ふーん。」でスルーしていたのですが・・・


後日H様がサントメ島のことをご存じで、あの島は昔ゴム園があったので、私やEmiyuさん、H様はそこに居たのかも・・・と教えてくださったのです。

どうやら私たちはそこで奴隷として働いていて、ゴムの採取をしていたらしい。


でもサントメ島って「世界最貧国」なんですって。

ウィキペディアに書かれていて、ちょっと複雑な思い。どうせ過去世が出てくるなら華麗な過去世であってほしい。奴隷でゴム園で働いていたなんて・・・しょぼいわぁ。

アンサイクロペディアではもっと辛辣に揶揄されている。
「あまりに知名度が低い国。この国、大丈夫か?」と書かれている。

その華麗な歴史をアンサイクロペディアからコピペしよう。
------------------------------------------------------------
歴史

1470年
ポルトガル人がサントメ島とプリンシペ島を発見。アフリカ本土への寄港地として利用。
1493年
あまりの存在の薄さに寄港地としての価値が忘れられ、島はポルトガル王室により個人に譲渡。
1573年
個人に譲渡した事をすっかり忘れたポルトガル王室は、再び島を王領に編入。
1876年
ポルトガルで奴隷制廃止。しかしすかっり存在を忘れられていたサントメ・プリンシペでは奴隷制続行。
1974年
本国ポルトガルは政変などを経てサントメ・プリンシペの存在を完全に忘却。これを期に独立し、サントメ・プリンシペ民主共和国に。
1975年
運よく国連に気付かれたため、サントメ・プリンシペ民主共和国が正式に成立。
2003年
石油利権などに絡む軍事クーデターが起こるも、国際社会は特に気付かず放置。


と言うか、この国は本当に大丈夫なのか


-----------------------------------------------------


そんなところで何百年か前に3人で奴隷として働いていたのかなー?


Emiyuさん曰く、亭主の悪口をブチブチ言いながら?(笑)

http://www.geocities.jp/melissa1964lb/orgonite/orgonite_120.html (そんなにめげんでもよろし。師匠。)


ということは「私はゴム園でゴムの採取をして」の続きはこうだったのかな?


プランC「何とか島を豊かにしようと貢献しましたとさ。」


「つまらん!お前のプランCとやらはつまらん!」(大滝秀治風)

さあみんな、サントメ島に観光旅行に行って、島を豊かにしてあげよう!(マラリアには注意してね。)




[PR]
by euffy | 2014-10-18 09:43 | スピ混じりの日常

髪の分け目と役目を終えた天然石ブレスレット

今、ドレスセラピーの初級コースを受講しているのですが、毎回新たな知識を得ることができて楽しいです。

(参考までにコース内容はこのようになっています)

初級内容とは全く関係ないおしゃべりで、本日参考になったことをここでシェアさせてくださいね。

1.髪の分け目は左から
これは先生にスカーフの巻き方を教わったのがヒントになりました。
スカーフは時計回りに右巻きに巻くのが自然の摂理に沿っているとのこと。
そこでふと思ったのですが・・・私の髪の毛は長い間右分けでした。つまり頭のてっぺんから眺めると、それは反時計回り=左巻ってことになります。
それを左分け=右巻きにして初級コース第2回目に出たところ、先生にそれで正しいと言われました。
そして
「スケートの回転方向や陸上競技のトラックは左回転方向になっていますね、あれは“競い合う”からです。
調和を表すのが右回転、だから髪の毛を左分けにすることであなたの女性性が外に向かって表出され、もっと穏やかなエネルギーに変わるでしょう」と。

2.役目を終えた天然石
たまたま身に着けていた2つのブレスレットを一目見た先生が「その赤い石のほうのブレスレットはもう、お役目を終わっていますよ」とおっしゃいました。
このブレスレットは4~5年前、非常に愛用していたのですが、最近は全然身に着けてなくて、まだまだきれいだしたまには使ってあげないとかわいそうと思って久しぶりに身に着けたものです。
先生によると、もうその頃のエネルギーと今の私のエネルギーが違ってきているので、もはや不要だから丁寧に処分してあげたらいいです、と。
そうなんですよね、このブレスレットを身に着けていた頃はプライベートでちょっと大変なことがあり、毎日自分が励まされる思いで身に着けていたのです。

そして処分の仕方ですが、ブレスレットに粗塩をかけて半紙でくるみ、「ありがとうございました」と感謝の念を送って生ごみで捨てていいそうです。
生ごみで出すと聞いてちょっと驚きました。
私はそんなとき、川や海に流したり、土に埋めて地球に帰していたので。
ところが水に流すのはいいとしても、土に埋めるのは慎重にしたほうがいいと。あれは本来はお坊さんのする仕事なんだそうです。
埋める場所を選ばないと却ってよくないとか。

「生ごみ」と聞いて「燃えないゴミ」では?と思う方もいらっしゃるでしょう。でも私は生ごみでいいと思います。
なぜなら、「火で焼く」ということは「浄化と変容」を象徴しますので。しっかり焼けば石ももろくなって砕けることもあるでしょう。
しかし自治体が厳しいところでは燃えないごみで出さなければならないようでしたら、そのようにしたらいいと思います。

帰宅してからさっそく先生に言われたように生ごみで出しました。白い紙に「今までありがとうございました」と書き、その上にブレスレットを乗せ、上からたっぷり粗塩をまぶし、丁寧に折りたたんで両手に持ち、額にくっつけるようにして感謝の念を伝え、そして生ごみで捨てました。

なんの執着心もなく、あっさりお別れができました。本当にもう既に私には不要になっていたんですね。

この調子でどうしても身に着ける気が起きないブレスレットを少しずつ処分していこうと思います。

尚、役目を終わったブレスレットの石をばらして他の石を混ぜて新しくブレスレットを作るのもやめたほうがいいそうですよ。




[PR]
by euffy | 2014-10-13 10:08 | スピ混じりの日常

ダイシンカさんのオルゴナイト手作りワークショップ空席情報

[ベルチェレスタ]で10/18(土)に実施する「ダイシンカさんのオルゴナイトマンダラ手作りワークショップ」は既に満席のため締め切りましたが、同じ内容のワークショップの募集がまだ2か所ございます。

今ならまだ空席がございますので、「申し込みしそこなった!」という方は是非、下記へお問い合わせください。

■アネモネ編集部様でのオルゴナイトワークショップ
10/19(日) 場所:五反田
詳細はこちら

■アクシスムンディ様でのワークショップ
10/20(月) 場所:中目黒
詳細はこちら



[PR]
by euffy | 2014-10-06 08:10 | オルゴナイト

10月20日締切!来年の祈願書を書いて神様会議にエントリーしよう

以前の記事にも書きましたが、10月20日までに祈願書を持って神社に参拝すると願いが叶うという方法をもう一度記述しますね。

日本の神様は年に1度出雲に集まり、“人間のお願い事を叶えるかどうかの会議”をするそうです。
その会議に取り上げてもらうためには10/20までに神社に行って祈願書を提出し、エントリーする必要があります。

まず、家の掃除をして入浴して身をきれいに整え、祈願書を2通作成します。

神社に参拝し、「全力で努力します」と宣言します。

そして初詣で許可書(目に見えませんが)をもらいに行くのです。

祈願書は1通は神棚や机の引き出しに、もう1通は鞄などに入れて普段から持ち歩きます。

祈願書の書き方、参拝の仕方など詳細は下記の参考記事をご覧ください。

参考記事
http://ameblo.jp/asshran/entry-11645867113.html
http://yuriririn.blog34.fc2.com/blog-entry-320.html

特にこちら↓の記事は神社への参拝の仕方も詳しく解説されています
http://www.copa.ne.jp/miyakenomiya/kigansho.htm


と、自分で書いておきながら日ごろの忙しさにかまけ、気が付けばもう10月!
あらら・・・
やばいわ、何とか20日までに書かなきゃ。(^_^;)



[PR]
by euffy | 2014-10-06 07:54 | スピリチュアル・ヒーリング